口コミで判明!?ライスビギンと他のオールインワンとの違いとは??

ライスビギンとは

  • 乾燥やシワの悩みに効果が期待できる
  • 1本8役のオールインワンでコスパも良い
  • 芸能人の愛用者も数多く居る

など、今人気のオールインワンスキンケア商品です。

 

でも、実際に購入を考えてみると

市販オールインワンスキンケア商品と何が違うんだろう??

なんて疑問に思ったりもします。

今回はそんなライスビギンと他商品の違いについて調べて行きたいと思います!

口コミで判明!?他商品との違いとは


30代女性/乾燥肌
肌の保湿力が高まった気がします。

私は、極度の乾燥肌で10年以上悩んでました。
とにかくオールインワンとは相性が悪くどれを使っても潤いが物足りず追加で化粧水や乳液を使ってました。

SNSで好きな芸能人がライスビギンを使用しているのを知って購入を決意、実際に使用してみたら最初の3ヶ月は物足りなさを感じていたんですが、4か月目になると肌自体の潤いを感じる事ができて、まるで肌質が変わっかのように肌が潤うようになりました。

さすが、芸能人も愛用するだけあるなって感じました。


このような

「肌の保湿力が高まった気がする」

という内容の口コミが多くありました。

(ライスビギンは肌を保湿するありきたりなオールインワンではなく肌の保湿力を高めてくれる効果が期待できるという事ですね)

 

 

ライスビギンの口コミの詳細や悪い口コミについてはこちら

ライスビギンの口コミに詳しいサイト

 

 

ライスビギンと資生堂【アクアレーベル スペシャルジェルクリームA】を比較してみた。

ライスビギンは本当に「肌の保湿力を高めてくれる効果」は期待できるのでしょうか??また市販品とは「配合成分の違い」などはあるのか??

 

実際に市販のオールインワンスキンケア商品で人気の資生堂【アクアレーベル スペシャルジェルクリームA】とライスビギンを比較して行きたいと思います。

 

 

成分 有効成分:ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)、酢酸DL-α-トコフェロール/その他の成分:水、1,3-ブチレングリコール、2-エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、オリーブ油、ジプロピレングリコール、植物性スクワラン、ベヘニルアルコール、水素添加大豆リン脂質、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、ホホバ油、ポリオキシプロピレンメチルグルコシド、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)、バチルアルコール、N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム、ステアリルアルコール、親油型モノステアリン酸グリセリル、ソルビトール発酵多糖液、ポリエチレングリコール6000、加水分解ヒアルロン酸、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、カミツレ油(2)、エタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン 水,グリセリン,BG,DPG,ジメチコン,(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー,塩化Na,ジェランガム,グルタミン酸,サッカロミセス培養溶解質液,アスパラギン酸,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,リシンHCl,アセチルヒアルロン酸Na,ヒアルロン酸Na,ベタイン,メチオニン,ダイズ種子エキス,水溶性コラーゲン,(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー,クエン酸Na,メタリン酸Na,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー,水酸化K,クエン酸,シリカ,ピロ亜硫酸Na,アラニン,BHT,フェノキシエタノール,メチルパラベン,エチルパラベン,香料
無添加の成分 無香料、無着色、無鉱物油 記載なし
内容量 内容量 80mL(1本で2ヶ月分) 内容量90g(約1ヶ月分)
オールインワンの種類 1本で8役/化粧水、乳液、美容液、クリーム、パック、アイクリーム、デコルテクリーム、マッサージクリーム 1本で5役(化粧水、美容液、乳液、クリーム、マスク)
販売額 定価8,000円/

定期購入なら

初回1,980円

(2回目以降4,200円)

定価/販売金額

1980円

返金保証 あり/商品到着後30日間返金保証 無し

 

資生堂【アクアレーベル スペシャルジェルクリームA】との違い

 

有効成分の配合

 

ライスビギンには有効成分(ライスパワーNO.11)が含まれています。

ライスパワーNO.11には肌に対してセラミドの生成を促す効果があると言われており結果、肌の保湿力を改善してくれる効果が期待できると言われています。

 

無添加成分

 

ライスビギンは敏感肌の方でもなるべく使用できるよう無添加で作られています。

 

配合成分量が多くオールインワンの役割も多い

ライスビギンの方が配合成分の種類も多くオールインワンの役割も5役と8役と大きく違います。

 

コスパの違い

約6ヶ月使用した場合にかかる金額を計算してみると

  • 市販商品の場合で1ヶ月で1個使い切る場合は11,800円
  • 市販商品の場合で2ヶ月で1個使い切る場合は5,940円
  • ライスビギンんの場合(1本2ヶ月分)10,380円

コスパは市販商品の方がやはり良いです。

(ですが、長期で使用を考えた場合はそこまで大差がない事がわります。)

 

返金保証

 

ライスビギンには「肌に合わなかった」という万が一の出来事があった場合の為に商品到着後30日間有効な返金保証があります。

 

比較まとめ

 

ライスビギンは

  • 保湿効果が期待できる「有効成分」が配合
  • 肌への優しさを考えた「無添加」製法
  • 万が一を考えた「返金保証」

など、より購入した方に寄り添った商品だという事がわかりました